スロバキアワイン専門店 | マイティワイン 会員登録はこちら

スロバキアワイン専門店|マイティワイン

★ワインの楽しみ方★

暑い季節におすすめ!ワインに合うおつまみ夏編

投稿日:2020年6月27日 更新日:

暑い季節は食欲も落ちてしまって毎日のご飯をどうしようかとお悩みの方も多いと思います。

ワインを飲むにしてもスッキリサッパリと味わいたいという方からよくご相談いただきます。

そこで今回は暑い夏にオススメの少しサッパリとしたワインに合うおつまみをご紹介します。

□辛口白ワインに合う夏野菜の揚げ焼き浸し

暑い季節になると食べたくなる冷たいお出汁に漬け込んだ揚げ浸し。

今回は少し定番のものからアレンジしてみました。

材料:

・お野菜

(なす、ししとう、おくら、パプリカ、ズッキーニなどお好みのお野菜で)

・出汁 200cc(顆粒のほんだしを溶かすと簡単です。)

・醤油 大さじ2ほど

・みりん 大さじ2ほど

・お酒 大さじ2ほど

・レモン お好みで

・塩 下処理用、下味用

・オリーブオイル 大さじ3ほど(揚げ焼きにすると油の節約になります。)

作り方:

1、なすは下手を取り、大きさにもよりますが縦半分に切り、そのまた半分に切って4等分します。

(大きすぎると横半分に切ってからそれぞれ4等分して、計8等分にすると食べやすいです。)

皮面に網目状に隠し包丁を入れると綺麗に仕上がります。

アク抜きのため水にさらしておいてください。

2、ししとうは爆発しないように包丁で少し切り込みを入れておいてください。

3、おくらは塩でこすって繊毛を取っておいてください。

4、パプリカは半分に切って種を取り、3cm幅くらいに縦に切っておいてください。

5、ズッキーニは5~8mmくらいの厚さで輪切りにしておいてください。

(ズッキーニが太い場合は、半分に切ってから5~8mmの厚さにしておいてください。)

ここまでで野菜の下処理は終わりです。

6、出汁、醤油、みりん、お酒を鍋に移し、沸騰させます。

沸騰したら、粗熱を取ってから冷蔵庫に入れて冷やしておきます。

7、切った野菜に塩を振り、オリーブオイル大さじ3をフライパンに加え、170℃くらいに熱しておきます。

8、パブリカやオクラから焼き色をつけていき、両面焼き色がついたらバットに移して油を切っておいてください。

9、なすは油を吸ってしまうので最後の方が良いです。

なすは皮面から入れて油になじませます。

全面に焼き色をつけて同様にバットに移します。

10、あらかじめ作っておいたおつゆに焼き目をつけたお野菜を浸しておきます。

30分ほど浸せば食べられます。

仕上げにレモンを絞るとよりサッパリと食べられます。

この揚げ焼き浸しには辛口の白ワインと合います。

当店で取り扱っている白ワインの中では下記のものはいかがでしょうか?

「ヤグネット ミュラー・トゥルガウ」

https://mighty-wine.com/SHOP/MW034R.html

「MS リースリング・リンスキー2016」

https://mighty-wine.com/SHOP/MW026R.html

こちらのワインはともに女性が審査する国際的なワインコンペティションの「サクラアワード」で受賞歴があります。

どちらも辛口で和食にもマッチする一押しの1本です。

□暑い時でも赤ワインが美味しいトマトのファルシ

赤ワインは常温で味わうことが多いですが、暑い季節だと飲みにくいと感じる方も多いと思います。

そこで赤ワインに合わせるのもお肉のジューシーな味よりも、お野菜を使って料理と合わせると飲みやすくなると思います。

今回はお家でも簡単にできるトマトのファルシをご紹介します。

ファルシとは、和製フランス語で詰め物を指す言葉です。

トマトのファルシとはトマトの中に具材を詰めたお料理です。

いろいろアレンジできる料理なので、冷蔵庫の中の具材で試してみてください。

材料:

・トマト 大玉サイズ1~3つ

・豚ひき肉 200g ※牛ひき肉や鶏ひき肉でも大丈夫です。

・みじん切り玉ねぎ 1/2個分

・オリーブオイル 大さじ2

・スライスにんにく 1片分

・塩 小さじ1/2程度

・ブラックペッパー 少々

・お水 1/4カップほど

・ドライパセリ(仕上げ用) 少々

作り方:

1、トマトのヘタを蓋の形で切り落とし、トマトの中身をスプーンでくり抜きます。

キッチンペーパーを敷き、トマトの切り口を逆さにして水気を取ります。

くり抜いた果肉はみじん切りにしておいてください。詰め物に使います。

2、豚ひき肉、塩、ブラックペッパー、みじん切り玉ねぎ、みじん切りトマトの果肉をボウルに入れて混ぜ合わせます。

3、くり抜いたトマトに2の具材を詰めていきます。

4、オリーブオイルを敷いたフライパンにスライスしたニンニクを入れて弱火で香りが出るまで熱します。

香りが出たらニンニクを取り除いてください。

5、具材を詰めたトマトをフライパンに並べ、お水を回しかけ蓋をし、約20分ほど弱火で蒸し煮にします。

6、中までで火が入ればお皿に移し、仕上げにトマトの蓋とドライパセリを散らして完成です。

※仕上げに上にチーズをのせて炙っても美味しいです。

このトマトのファルシには少し冷やした赤ワインやロゼワインはいかがでしょうか?

当店で取り扱っている赤ワイン、ロゼワインでは下記のものがおすすめです。

「ヤグネット アンドレー 2013」

https://mighty-wine.com/SHOP/J_Andre.html

「Ex フランコフカ・モドラ 《EX Frankovka Modra》 [Villa Vino Raca]」

https://mighty-wine.com/SHOP/8588003529435.html

「カルパツカ・ペルラ カベルネ・ソーヴィニヨン ロゼ 2018」

https://mighty-wine.com/SHOP/KP_CSrs.html

□まとめ

暑い時はのどごしの良いものを求めがちですが、暑い時だからこその味わい方を楽しむのも1つの楽しみだと思います。

今回暑い夏におすすめのワインに合うお料理を紹介させていただきました。

皆さんもいろいろな楽しみ方を試してみてください。

-★ワインの楽しみ方★

執筆者:

関連記事

【せやねん!専属のあのお方が…】山岸久朗弁護士×スロバキアワイン/Amebaブログ

みなさんおはようございます。 mighty-wineの谷岡です。 本日はこの時間からの更新です! 実は先日大阪の福島にある江戸前寿司専門の千陽様のお店で 詳細:お店情報/福島江戸前寿司千陽 ■お寿司× …

SAKURA AWARD2017年度受賞商品/スロバキアワイン一覧!

みなさまこんにちは☆ mighty-wineの谷岡です! 今日の大阪は気温こそ高いですが、涼しいですね! 明日から9月!!今年も残すところ4ヶ月そして何よりこれからは 白ワインに会うお魚の時期!特にさ …

赤ワインの度数は?度数が違うと何が違う?

赤ワインはアルコール度数が高いお酒と思っていませんか。 実際は、赤ワインの度数は一律に同じではなく、ワインの種類によって大きく異なります。 今回は赤ワインの度数と異なる理由、味の違いまで詳しくご説明し …

知らなきゃ損する、赤ワインを深く味わう飲み方とは

ワインは世界中で愛され、種類が沢山ありますよね。 マナーが多いことや、ワインのソムリエがいることは多くの方がご存知でしょう。 お酒は好きで、ビールや焼酎は飲むが、ワインは格式高いイメージがあって手を出 …

デイリーワインとして楽しめるおすすめの赤をご紹介します

ワインは「自分へのご褒美」や「記念日に開ける」という方も多いかと思います。 たしかにワインの中には高価なものがたくさんありますし、特別感のあるものという認識が一般的かもしれません。 ただ、赤ワインには …