スロバキアワイン専門店 | マイティワイン 会員登録はこちら

スロバキアワイン専門店|マイティワイン

ワインの楽しみ方

赤ワインを冷やしてひんやり美味しく飲む方法とは?

投稿日:2020年7月4日 更新日:

赤ワインは、常温で飲むのが良いと聞いたことがある方はいらっしゃいますか。
ワインに詳しい方の中には、ご存じの方も多いかもしれません。
一般的に赤ワインは、常温の方が香りが良く、好ましいとされています。

一方で、ワインは種類によって適切な温度が異なるので、冷やす方がおいしく飲める場合もあります。
そこで今回は、赤ワインをおいしく飲むための冷やし方を解説します。

□なぜ赤ワインは常温が良いと言われるのか

日本では、昔から赤ワインは常温で飲む方がおいしいという常識がありました。
しかし、これは日本と気候の違うフランスでの常識が伝えられたものでした。
フランスは日本と比べて降水量が少なく、気温も低いのが特徴で、この気候ではワインは常温で飲むのが適しているとされています。

しかし、気温が高く雨も多い日本においてワインを常温で飲むと、味がはっきりしないと感じる傾向があります。
そのため、皆さんが赤ワインを飲むときは、常識に惑わされず適度に冷やして飲むのが良いでしょう。

一般的にワインは、温度が低いと酸味や渋みが強くなり、逆に温度が高くなると甘味や香りが強くなると言われています。
ワイン自体にも、酸味が強いもの、甘味が強いものなど様々な特徴があります。
そのため、これらの特徴を活かすためにも、ワインの種類ごとに冷やす温度を変えるのが良いでしょう。

また、ワインは冷やしすぎるのも良くありません。
ワインを飲んだ時に、香りが弱いと感じたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
その場合は、ワインの温度が低すぎて香りが出にくくなっている可能性があります。
ワインは冷やしすぎるのも良くないことを頭に入れておきましょう。

□赤ワインを冷やす方法について

ここまで、赤ワインは冷やしてもおいしく頂けることをご紹介しました。
しかし、具体的にどのようにしてワインを冷やせば良いのでしょうか。
おすすめなのは、冷やす際に温度をしっかりと管理することです。
赤ワインは種類によって、おいしく頂ける適切な温度が異なります。

ボディがしっかりしているワインの場合は、もともと渋みが強いので、冷やしすぎると飲みづらく感じるでしょう。
このようなワインの適温は、一般的に18度前後です。

フルーティで甘味の強い種類の場合は、もう少し冷やした方が飲みやすく15度前後が適温で、ボディが軽いボジョレーヌーボーの場合は、さらに低く12度前後が適温です。

温度を管理するための方法として、冷蔵庫やワインセラーから取り出したときに、その設定温度を参考にするというものがあります。
もし、設定温度よりも高い温度にしたい場合は、室温に置くことで温度を上げられるでしょう。

しかし、これではワインの温度を詳細に管理できませんよね。
そこでおすすめなのが、専用の温度計を使うことです。
ワイン専用の温度計は、主に3つのタイプが販売されています。
それぞれのタイプでメリット、デメリットがあるので自分に合うものを選ぶと良いでしょう。

非接触タイプは、計測温度にプラスマイナス2度ほどの誤差が出ますが、計測にかかる時間が短いのが特徴です。
接触タイプは、計測時の誤差が少ないですが、計測に少々時間がかかってしまいます。

この2つの温度計は、温度を計測するときにワインの液面に温度計の先を浸す必要がありますが、ボトルに巻きつけるタイプではその必要がありません。
ボトルに巻きつけるタイプは、ワインボトルの外側に温度計を巻き付けて計測を行います。
その分、計測温度の誤差が大きくなりやすいですが、手軽に温度管理をしたい方におすすめと言えるでしょう。

また、ワインを冷蔵庫やワインセラーの設定温度よりも低くしたい場合もあると思います。
その場合は、ボトルクーラーを使うのが良いでしょう。
ボトルクーラーは、ワインがちょうど1本以上入るくらいの大きさの容器で、氷と水と一緒にボトルを入れて温度を下げます。

ステンレス、ガラス、木など様々な材質のものがあり、見た目もスタイリッシュでおしゃれなものがたくさんあります。
おしゃれなものを選べば、パーティーやおもてなしでも活躍するでしょう。

ボトルクーラーは、冷蔵庫よりも早く温度を下げられるので、ワインを常温から手早く冷やしたいときにも便利です。
さらに、電気を必要としないので、アウトドアでも活躍できます。

またボトルクーラーは、ワインの温度を一定に保つためにも使えます。
ワインを冷蔵庫やワインセラーの外に置いておくと、徐々に温度が変わってしまいますよね。
温度計を使いながらボトルクーラーに入れる氷の量を調節することで、ワインの温度が変わるのを防げるでしょう。

当店で取り扱っている赤ワインの中では下記のものはいかがでしょうか?

【スロバキアワイン】赤・高貴なフルボディ
スロバキア最高峰ワイナリー“ムルヴァ&スタンコ”の看板ワイン
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


https://mighty-wine.com/SHOP/MSR001.html

【おうちワイン/飲み会】
アメリカマーケット向けに作られた一品。
カベルネソーヴィニヨンがお好きな方にオススメできる冷涼地ならではの典型的なボルドーブレンド。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



https://mighty-wine.com/SHOP/vmcamelon.html

□まとめ

赤ワインは、種類によっておいしく飲める適切な温度が異なります。
専用温度計や、ボトルクーラーなどを使って一度適切な温度にして赤ワインを飲んでみてください。
赤ワインの味や香りを深く味わえるので、さらに赤ワインの魅力を感じられるでしょう。

-ワインの楽しみ方

執筆者:

関連記事

【フランスブルゴーニュを代表する白ワイン以上の価値…スロバキアワイン】

みんさんこんにちは!! mighty-wineの谷岡です。 みなさん当店のワインで何がおすすめかわかりますか!? まずはその前にフランスの白ワインといえばどこが出てきますか? ブルゴーニュの【シャブリ …

お刺身にぴったりなおすすめのワイン7選!【徹底解説】

「魚のお刺身と日本酒はよく合うけど、たまには違った組み合わせで試したいな」という方はおられませんか? あまり知られていないのですが、日本では当たり前に食べられる魚のお刺身が、実はワインとも良く合うので …

この夏ラストスパート!!当店のオススメのスパークリングワインを飲みませんか?

皆さんこんばんは!! 更新が続いています! mighty-wineの谷岡です! 夏の終わりが見えてきました? いえいえまだまだ暑い日が続きます!! この暑さを感じながらグランピングや女子会、家族の食卓 …

【DRCワイン会by神田うのさん】

みなさんこんばんは!! mighty-wineの谷岡です。 本日は続けて更新を行いたいと思います! 実は先ほどアメブロを拝見していたら面白い記事を拝見致しました!! それは…ワイン=この方と言っても良 …

飲みやすい赤ワインはこうやって見つけよう!苦手な人でも飲める赤ワインの見つけ方

赤ワインというと皆さんはどのようなイメージを持っていますか? 渋みが強くて、飲みにくいという方も多いのではないでしょうか。 かく言う私も、その一人でした。 しかし、赤ワインの中でも口当たりの良いワイン …