スロバキアワイン専門店 | マイティワイン 会員登録はこちら

スロバキアワイン専門店|マイティワイン

ワインの楽しみ方

お刺身にぴったりなおすすめのワイン7選!【徹底解説】

投稿日:

「魚のお刺身と日本酒はよく合うけど、たまには違った組み合わせで試したいな」という方はおられませんか?
あまり知られていないのですが、日本では当たり前に食べられる魚のお刺身が、実はワインとも良く合うのです。
そこで今回は、お刺身にマッチしたワインをご紹介します。

□お刺身にワインが合う理由

それは、お魚の旨味とワインの風味がお互いの良さを引き立たせる対象だからです。

魚のお刺身は魚特有の生臭さがありますが、味の濃い醤油やワサビでそれを打ち消します。
このような魚の生臭さやインパクトの濃い醤油、ワサビが、ワインの風味を打ち消してしまうと考えられています。
しかし、淡泊な種類の魚を選ぶと、お互いの風味を邪魔することはありません。
淡泊な種類の魚を咀嚼して口の中に優しい旨味が広がっている際にワインを含むことで、風味を打ち消さずに口から鼻に抜けるように広がっていくのです。
つまり、お刺身を食べながらワインを飲むことで、お刺身のおいしさをより引き立てることができます。

□お刺身に合うワインの選び方

*料理の色とワインの色を合わせる

ワインを選ぶ際に、料理の色に合わせてワインを選ぶというのはワイン選びにおいて重要なポイントです。
このポイントを意識すると、ワイン選びの失敗が少なくなります。

例えば、お刺身の中でマグロやカツオなどの赤身は脂がのっていて、旨味が強く濃厚な味わいです。
そのため、この強い旨味には、しっかりとした味わいのある赤ワインがおすすめです。
一方で、タイなどの白身魚は脂肪の量が少なく、味が淡泊です。
ここにしっかりとした味わいのある赤ワインだと白身魚の良さを消してしまうので、キリッとしたさっぱりめの白ワインと合わせた方がより美味しく感じていただけます。

当店で取り扱っているワインの中では、とくに白身魚の中でもお刺身など生の状態とマッチするワインもあれば、火を通した白味魚と相性の良いワインなど様々な種類がございます。
HPにも随時掲載していきますのでそちらもワイン選びの参考にしてみてください。

□お刺身に合うワインのご紹介!

当店で取り扱っているワインの中で、特に刺身との相性が良いワインを7種類紹介します。

*セクト・グランキュヴェ 2011 《Sekt Grand Cuvee 2011》

1つ目は、セクト・グランキュヴェ2011です。
このワインは瓶内二次発酵というシャンパーニュと同じ製法で造られており、細かくて柔らかい清涼感と辛口の味が特徴のワインです。
30か月もの間、繊細な酵母が瓶内で作用していたので、しっかりとしたコクがあります。
冷やすことで清涼感やフレッシュ感が増すので、刺身だけではなく、ムニエルなどの魚料理との相性も良いでしょう。

セクト・グランキュヴェ 2011 《Sekt Grand Cuvee 2011》

*ヴァリエト シャルドネ 2013 《VARIETO CHARDONNAY 2013》

2つ目は、ヴァリエトシャルドネ2013です。
このワインは、「食事に合わせやすいワイン」をコンセプトに造られたワインで、比較的遅摘みのブドウで造られているので、果実のボリューム感が溢れて華やかな印象が特徴です。
レモンや温州みかんなどの柑橘系の香りのあとに、ドライフルーツやヘーゼルナッツの香りも広がるさわやかなワインです。

ヴァリエト シャルドネ 2013 《VARIETO CHARDONNAY 2013》

*セクト・パルフィ・エクストラドライ 《Sekt Palffy Extra Dry》

3つ目は、セクト・パルフィ・エクストラドライです。
1つ目で紹介した、セクト・グランキュヴェ2011と同じ製法で造られており、細かな泡が長く続くことが特徴のワインです。
味わいは、やや辛口で、そのあとにほんのりと果実の味わいが感じられるワインとなっています。

セクト・パルフィ・エクストラドライ 《Sekt Palffy Extra Dry》

*ソーヴィニョン・フレッシュ 《Sauvignon Flesh》

4つ目は、ソーヴィニョン・フレッシュです。
味わいがフレッシュでみずみずしいので、ごくごく飲めてしまうことが特徴です。
ハーブの香りと、ほのかな甘さのある香りがします。
刺身やカルパッチョなどの魚料理だけではなく、サラダ、アヒージョ、焼き鳥までさまざまなお料理に合うと思います。
そのため、特別な機会だけでなく、普段お家で飲むときでもビールや酎ハイの代わりになるほどの満足感があります。

ソーヴィニョン・フレッシュ 《Sauvignon Flesh》

*ヤグネット ミュラー・トゥルガウ 《JAGNET Muller-Thurgau》

5つ目は、ヤグネット ミュラー・トゥルガウです。
すっきり爽快な味わいの中に、果実の厚みやすこしの苦みを感じられるワインです。
フレッシュサラダやカルパッチョ、アクアパッツァなどお魚料理の定番にマッチします。

ヤグネット ミュラー・トゥルガウ 《JAGNET Muller-Thurgau》

*甘口デザートワイン デヴィーン 《Devin》

6つ目は、甘口デザートワインのデヴィーンです。
こちらは、当店で一番人気のワインです。
デヴィーンというブドウを使用しているのですが、これはスロバキアの固有品種なので、日本でこの品種のワインを飲める機会は少ないです。
日本では希少価値の高いワインワインだと言えるでしょう。
このワインは甘口ですが、普段は辛口派の方にも非常におすすめの一品です。

甘口デザートワイン デヴィーン 《Devin》

*英国王室御愛飲 ラドシンスキー・クレヴナー 2015 限定醸造版 《Radosinsky Klevner 2015》

7つ目は、英国王室御愛飲ラドシンスキー・クレヴナー2015限定醸造版です。
こちらは、ワイナリー独自の2種類使用しており、鋳造・発酵・熟成を樽で行うという手間がかかったワインで、日本酒の大吟醸を思わせる香りと味わいが特徴です。
このワインは、2011年4月に行われたウィリアム王子の結婚式の際に献上されるなど、由緒あるスロバキアワインです。
魚料理だけでなく、グリルされた肉料理やスパイシーな料理によく合うでしょう。

英国王室御愛飲 ラドシンスキー・クレヴナー 2015 限定醸造版 《Radosinsky Klevner 2015》

□まとめ

今回は、お刺身に合うワインをご紹介しました。
ワインは魚のお刺身の旨味を引き立てるとても相性が良い組み合わせなのです。
様々な種類のワインがありますが、料理の色とワインの色を合わせることはワイン選びのポイントに一つです。
ぜひこのポイントを意識して、お好みのワインを選んでみてください。

-ワインの楽しみ方

執筆者:

関連記事

飲みきれなかったワインの保存方法

ワインの保存は直射日光を避けるのが基本 ワインの保存方法の基本は、直射日光を避けること。空気が少ない状態を維持することです。 冷蔵庫の中に入れるだけでは、旨味や酸味を適度な状態に保つなど、ワインを最良 …

【9月29日のin OSAKAスロバキアワイン試飲会】この会場で出ていた商品が…

皆さんこんにちは☆ おなじみのmighty−wineの谷岡です! 本日も生憎の雨模様… こんな日は気分が乗りませんね…そんな時にスッキリめなワインや、 デザートワインで気分を変えませんか?^^ 今回ご …

【女子による女子のための女子だけ忘年会inリーガロイヤルホテル大阪】

皆さんこんばんは! mighty-wineの谷岡です! 本日はこの時間からのご紹介です! 先日の12月3日に【女子による女子のための女子だけ忘年会inリーガロイヤルホテル大阪】 のパーティのスポンサー …

【フランスブルゴーニュを代表する白ワイン以上の価値…スロバキアワイン】

みんさんこんにちは!! mighty-wineの谷岡です。 みなさん当店のワインで何がおすすめかわかりますか!? まずはその前にフランスの白ワインといえばどこが出てきますか? ブルゴーニュの【シャブリ …

赤ワインを美味しく引き立てる「マリアージュ」とは

「マリアージュ」という言葉を聞いたことがある方はいらっしゃいますか。 赤ワインには、一緒に食べる料理との相性があり、この相性のことをフランス語では「マリアージュ」と呼びます。 マリアージュを考えること …