スロバキアワイン専門店 | マイティワイン 会員登録はこちら

スロバキアワイン専門店|マイティワイン

★ワインの楽しみ方★

ワインに含まれる糖質やカロリーはどれくらい?効能や健康成分もご紹介!

投稿日:2022年10月17日 更新日:

この記事をご覧になっている方は、ワインは好きだけど健康上の影響を心配されていることでしょう。この記事ではワインに含まれている糖質やカロリーはどれくらいなのか、ワインにはどのような栄養素が含まれているのかを解説します。

□ワインに含まれる糖質やカロリーはどれくらい?

赤ワインと白ワインに含まれるカロリーは100ミリリットルあたり75キロカロリーです。当然、ワインのアルコール度数や糖分量によってカロリーは異なりますが、目安としてぜひ知っておいてください。

シャンパンやスパークリングワインは含まれている糖分にもよりますが、基本的には100キロカロリー程度です。アイスワインやポートワインのようなデザートワインは糖分を多く含んでいるため、100キロカロリーから120キロカロリーと、比較的高カロリーになります。

続いて、ワインに含まれる糖質について見ていきましょう。
結論から申し上げますと、赤ワイン100ミリリットルで約1.5グラム、白ワインで2.0グラムとされています。ビールの糖質量が3.7グラム、日本酒が3.5グラムから4.8グラムだということを考えると、ワインに含まれている糖質はアルコールの中では低い方であることが分かりますね。ちなみに、ウイスキーやブランデーに含まれる糖質は0グラムで、このことからダイエット中にハイボールを飲むと良いとされています。

しかし、なぜ糖質が重要視されるのでしょうか。糖質を摂取しすぎると、太ると言われているからです。糖分を摂取すると、血糖値が上昇します。その結果、体内でインスリンが大量に分泌されます。インスリンは膵臓から分泌されるホルモンの一種で、糖の代謝を調節し、血糖値を一定にキープする役割があります。

□ワインの効能や健康成分について

ワインにはどのような効能や健康成分があるのか、疑問に思っている方は多いでしょう。

そこでここではワインに含まれる代表的な健康成分をご紹介します。

1つ目はポリフェノールです。

赤ワインに含まれている特有の苦味成分で、強力な抗酸化作用を持っています。活性酸素によって酸化を抑制することを抗酸化といい、活性酸素から体を守る機能のことを抗酸化作用といいます。

このポリフェノールの抗酸化作用によって、動脈硬化のような生活習慣病の予防になると言われています。また、ポリフェノールに含まれているタンニンには、脂肪の分解を促進する効果があり、肥満の防止にもなりそうですね。

2つ目はカリウムです。

これはミネラルの一種です。ミネラルとは、糖質や脂質、タンパク質やビタミン、食物繊維に並ぶ六大栄養素の1つです。無機質とも呼ばれており、カルシウムやマグネシウムなどがよく知られています。

ミネラルには、骨や歯を形成したり、神経の伝達を助けたり、細胞の働きをスムーズにしたりするなどの役割を果たしており、私たちの体になくてはならない物質です。赤ワインにはミネラルの1つであるカリウムが多く含まれており、ナトリウムを体外に排出してくれます。そのほかにも、浸透圧の調節や筋肉の収縮にも携わっています。

3つ目はクロムです。

これもミネラルの一種で、豆腐などに多く含まれている栄養素です。具体的には、高血糖をよくしたり、糖尿病を予防したりする働きを持っています。また、脂質の代謝を促進し、中性脂肪やコレステロール量を少なくする働きもあるため、注目を浴びている栄養素です。

□ワインを飲む際に太らないために注意すること

ワインに含まれるカロリー量や糖質について解説し、その他重要な栄養素もご紹介しました。ワインは他のアルコールと比べると比較的糖質が少ないことがわかりました。だからといって安心してワインを毎日のように飲んでいると、太ってきてしまう恐れがあります。太らないためにも、ワインを飲む際には以下のことに気をつけましょう。

それは、ワインを飲むとおつまみが欲しくなってしまうということです。

確かにワイン自体にはダイエット効果があるかもしれません。しかし、チーズやナッツ、ドライフルーツやチョコレートなど、ワインと一緒に楽しめるおつまみはたくさんあります。

おつまみには、糖質が高い食べ物も含まれていますよね。特に、食事の前にワインを飲むと、よりお腹が空いたという経験がある方は多いでしょう。そのため、空腹の状態でワインを飲んでしまうと、多くの食べ物を摂取してしまう危険性があるので、避けた方が賢明だと言えます。

また、肝臓に負担をかけないためにも、ワインを飲みながら食事をするということが大切です。鶏肉や豆類のようなタンパク質や、海藻のようなミネラルを多く含んでいる食材を中心に食事をすると、太らないワインの飲み方が実現できます。

□まとめ

ワインに含まれているカロリーは100ミリリットルあたり75キロカロリーで、糖質は赤ワイン100ミリリットルで約1.5グラム、白ワインで2.0グラムです。また、ワインにはポリフェノールやカリウム、クロムのような私たちの体に良い栄養素が豊富に含まれていますので、飲み方に注意して楽しんでくださいね。

-★ワインの楽しみ方★

執筆者:

関連記事

贈答品ワインの失敗しない選び方とは?おすすめのワインもご紹介

贈答品をご検討中の皆さん、選択肢のひとつとしてワインはいかがですか。 贈答品にはワインがおすすめなのですが、普段からワインを飲まない方にとっては選び方が難しいですよね。 そこで今回は、贈答品にワインを …

ホットワイン

寒い季節にはホットワインが最高!作り方を紹介します

「ホットワイン」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。 初めて聞いた方でも、名前から温かいワインのことだろうと認識できると思います。 日本人であれば、「温かいワインなんておいしいのだろ …

暑い季節におすすめ!ワインに合うおつまみ夏編

暑い季節は食欲も落ちてしまって毎日のご飯をどうしようかとお悩みの方も多いと思います。 ワインを飲むにしてもスッキリサッパリと味わいたいという方からよくご相談いただきます。 そこで今回は暑い夏にオススメ …

白ワイン

飲みやすい白ワインをご存知ですか?おすすめを紹介!

白ワインが大好きだという方は多くいらっしゃると思います。 しかし、好きだからと言って何が美味しいかまではわかっていない方もいるのではないでしょうか。 この記事で白ワインについてできるだけ知りましょう。 …

シャンパンとスパークリングワインの違い

【まずみんなが間違っている部分】 ・泡の出るワインをシャンパンと呼んでいたり、 スパークリングワインのことをシャンパンと呼んでいたりしていませんか? シャンパンとスパークリングワインの違いについて知っ …