スロバキアワイン専門店 | マイティワイン 会員登録はこちら

スロバキアワイン専門店|マイティワイン

★ワインの楽しみ方★

これで恥をかかない!赤ワイングラスの正しい持ち方とは

投稿日:2020年8月29日 更新日:

レストランやパーティーの場でワイングラスを持つ機会は大人になれば増えてきますが、マナーとして正しい持ち方を知りたくありませんか。
今回は教養として知っておきたい、正しいワイングラスの持ち方をご紹介します。
ここで一気に知識をつけておけば今後困ることは少ないかもしれません。

□ワイングラス各部位の呼び方

まずは、持ち方の前にグラスの各部位の名称からご説明します。
ワイン自体を楽しむだけではなく、グラスも楽しむと一気にワインの世界が広がります。
ワイングラスは様々な種類のワインを楽しむために、多くの種類がありますが、名称自体はどれも同じなので覚えておきましょう。

上から順番にご説明すると、最初は唇が触れるグラスの淵の部分で、リムと呼びます。
次に、注いだワインが溜まる桶のような部分がボウルカップです。
さらに、ワイングラスを支える細長い部分をステムと言い、最後に足となるテーブルと接する円形の部分をフットプレート言います。

□ワイングラスの持ち方

ワイングラスは細長いステムを持つのが正解と思っている方が多いのではないでしょうか。
確かに、映画やドラマでステムを持って乾杯する様子をよく見かけますし、日本では手の温度がワインに伝わらないようにステムを持つのがマナーとされています。
実際のところ、どこをどう持つのが正解なのかご説明します。

*ステムを持つ

ステムを持つ理由として、先ほども述べたように手の温度が伝わる問題があります。
ワインにはそれぞれ、飲むのに最適な温度があるので、レストランではその温度に調節されて注がれます。
その温度を自分の手で変えてしまうと、味や香りが変わってしまうので、日本ではステムを持つべきと言われています。

さらに、ボウルを持つよりもより上品に見えるという理由があるのもご存知でしょうか。
どうしてもボウル部分を持つと豪快なイメージになりますよね。
ステムを持つとしなやかで美しい印象になるので、日本ではステムを持つ方が一般的だと言われています。

実際の持ち方は、親指と人差し指と中指を用いてステムの1番ボウルに近い部分を持ちます。
ワイングラスを持つうえで重要なことは、こぼさないことと、立食の場合は持っていて疲れないことなので、ステムを持つときは最も安定するボウルの近くで持ちましょう。
後の薬指と小指は添えるように持つのが美しく見えると言われていますが、ワインが沢山入っていて、3本の指で持って安定しない場合は、遠慮せずにしっかり5本の指で持ちましょう。

*ボウルカップを持つ

日本ではステムを持つべきと述べましたが、国際的にはボウルカップを持ってもマナー違反ではありません。
海外でも、最初のテイスティングの際はステムを持ちます。
なぜなら、ワインの色や粘性を確認するためで、飲む際はそこまで見える必要がないのでボウルカップを持つと覚えておきましょう。

日本でステムを持つのが浸透した理由としては、ワインブームがあったときにソムリエがテイスティングしている仕草を一般人が真似をしてしまい、また、ボウルカップを持つよりも上品に見えることから、それが浸透してしまったと言われています。
ボウルカップを持つ際は親指を手前に、残りの4つの指を裏に回して自然と持ちましょう。

*ボウルを持つ理由

ステムではなく、ボウルカップを持つ理由は大きく分けて2つあり、1つ目は、ボウルを持った方が安定するからです。
特に小さなグラスに多くのワインが注がれている場合は、乾杯時や飲むときに不安定となり、隣にいる方にかかってしまっては大変なので、ボウルをしっかり持ってリスクを避ける目的があります。

2つ目はシンプルなワイングラスが流通する前は、ステム部分に豪華なデザインが施されていたからです。
せっかくの装飾が隠れてしまうことと、装飾部分を持って壊れることを防ぐためにボウルを持っていました。
歴史は15世紀後半まで遡り、その頃から王族や上流階級の晩餐会で使用されるワイングラスには金色や華美な装飾が施されていたと言われています。
また、提供されたワインが好みより少し温度が低い(冷たすぎる)と感じた際に自分の体温でワインの温度を
少し上げる事も可能ですね。

持ち方以外にも国際的なルールが存在するので、覚えておくと、外国人が多いパーティーや海外旅行先での食事の際に役立つでしょう。
例えば、乾杯の際は日本ではグラスをぶつけますが、海外では音を立ててぶつけることはありません。
また、日本人は注いでもらうときにグラスを持ち上げがちですが、海外のレストランでは、持ち上げるのは厳禁です。
これ以外にも様々なルールがあるので、フォーマルなパーティーで、周りを一度観察したり、ニュースや映画で流れるパーティーの様子を見たりして、自分で学習すると良いでしょう。

【赤ワイン】赤・しっかり感あるミディアム
フレッシュベリー系の爽やかさと熟したチェリーなどの落ち着き、たばこのスモーキーさなど表情豊か。タンニンがなめらかで飲みやすいのに果実のボリュームいっぱいで余韻もエレガント、満足感のある飲み心地です
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://mighty-wine.com/SHOP/8588003529435.html

□まとめ

気軽な友達とのホームパーティーや飲み会では、国を問わず、ある程度自由に持てます。
しかし、フォーマルな場では、マナーやTPOに気をつける必要があるため、海外ではボウルカップを持ち、日本ではステムを持ちましょう。
大切なことはまず、こぼさないことなので、支え切れそうにない場合は早めに持ち方を変えましょう。

-★ワインの楽しみ方★

執筆者:

関連記事

赤ワインの「ミディアムボディ」って?ボディの基本と選び方

「ワインでよく聞く、ミディアムボディってなんなの?」 「ミディアムボディ」という言葉、何度か耳にしたことがあるものの、正直よくわからないという方も多いのではないでしょうか。 料理に合わせるときは、ボデ …

青魚に持ってこいの白ワイン/スロバキア産のおすすめワイン

皆さんこんばんは!! 本日のブログ更新は続きます! mighty−wineの谷岡です!!! さーさー皆さん8月も今日のあと数時間で終わりですね! 9月からは秋の季節! 秋といえばさばが食べどころ!! …

赤ワインの度数は?度数が違うと何が違う?

赤ワインはアルコール度数が高いお酒と思っていませんか。 実際は、赤ワインの度数は一律に同じではなく、ワインの種類によって大きく異なります。 今回は赤ワインの度数と異なる理由、味の違いまで詳しくご説明し …

赤ワインを美味しく引き立てる「マリアージュ」とは

「マリアージュ」という言葉を聞いたことがある方はいらっしゃいますか。 赤ワインには、一緒に食べる料理との相性があり、この相性のことをフランス語では「マリアージュ」と呼びます。 マリアージュを考えること …

【本日はプレミアムフライデー(Premium Friday)皆さんのご予定は?】

皆さんこんにちは!! おなじみのmighty−wineの谷岡です! 本日の更新内容ですが、 こちら 【本日はプレミアムフライデー(Premium Friday)皆さんのご予定は?】 実際にプレミアムフ …