スロバキアワイン専門店 | マイティワイン 会員登録はこちら

スロバキアワイン専門店|マイティワイン

★ワインの楽しみ方★

ワインは未開封常温で保存できる?賞味期限や保存方法を紹介!

投稿日:2024年2月23日 更新日:

ワインを好んでよく飲む方の中には、ワインの保存方法に常に注意を払っている方もいらっしゃいます。
特に、未開封のワインを適切に保存することは、その品質を保つ上で非常に重要です。
保存方法が適切でない場合、ワインの風味は時間とともに損なわれ、最終的には楽しめなくなってしまうかもしれません。
そこで、この記事では、未開封のワインを常温で保存する際の方法と、各種ワインの賞味期限について具体的に紹介します。
これを参考にして、ワインを最適な状態で長く楽しみましょう。

□未開封常温のワインの賞味期限とは?

ワインは、その種類によって保存方法や賞味期限が異なります。
例えば、お手頃価格のワインやスパークリングワインは、購入後早めに飲むことが推奨されています。
これらのワインは、熟成させる必要がなく、若いうちにその風味を楽しめます。
一方で、赤ワインや一部の白ワインは、適切な条件下であれば数年間保存が可能です。
これらのワインは、時間をかけて熟成させることで、より複雑で豊かな味わいを楽しめます。

*ワインの種類別賞味期限

1:お手頃価格のワインは購入後早期に飲む

これらのワインは、熟成の必要がなく、新鮮なうちにその品質を最大限に楽しむために、購入後すぐに飲むことが推奨されています。

2:赤ワインは2〜3年以内に飲む

一般的な赤ワインは、購入後2〜3年以内に飲むことが適切です。
しかし、ボルドーやブルゴーニュのような一部の赤ワインは、長期熟成によって風味が向上することがあります。

3:白ワインやスパークリングワインは1〜2年以内に飲む

多くの白ワインとスパークリングワインは、新鮮な状態で飲むことが推奨されています。
ただし、特定の熟成タイプの白ワインや貴腐ワインなどは、長期保存によってさらなる味わいの深みを楽しめます。

このように、ワインの種類によって最適な保存期間が異なります。
それぞれのワインを適切なタイミングで開封し、その品質を最大限に享受することが重要です。

□ワイン保存のための環境作りについて!

ワインの適切な保存は、その風味や品質を長く保持するために欠かせません。
適正な環境下でワインを保管することは、いつでもその最良の状態で楽しめるようになります。
理想的なワインの保存環境を作るためには、特定の要素に注目し、それらを適切に管理することが必要です。

*適正な保存環境の条件

1:温度

ワインを保存する際、最も重要な要素の1つが温度です。
理想的な保管温度は、一般的に13度から15度の範囲内とされていますが、フルボディの赤ワインの場合は、やや高めの18度までが許容されます。
この温度範囲を維持することで、ワインの熟成プロセスが適切に促され、長期にわたってその品質が保たれるのです。

2:湿度

湿度管理もワインの保存において重要な要素です。
75%前後の湿度が理想とされており、これは特に天然コルクが使用されているボトルにおいて重要になります。
湿度が低いとコルクが縮み、その結果、酸素がワインへと侵入しやすくなり、ワインが劣化する主な原因となります。
逆に湿度が高すぎると、コルクのカビや劣化を招き、最終的にワインの品質に悪影響を及ぼすことになります。

3:光の遮断

強い日差しや直接の光は、ワインの品質に負の影響を与えることが知られています。
紫外線による化学反応がワインの成分に変化をもたらし、望ましくない風味を引き起こすことがあります。
そのため、ワインは暗所、特に直射日光が当たらない場所で保管することが望ましいです。

4:振動の防止

ワインは、静かで安定した環境での保存が求められます。
振動は、ワインの成分に影響を及ぼし、熟成プロセスを妨げることがあります。
その結果、ワインの味わいや口当たりに負の影響を与える可能性があるのです。

5:においからの保護

ワインは非常に繊細で、周囲のにおいを吸収しやすい性質を持っています。
そのため、強いにおいがある場所での保管は避けるべきです。
においは、ワインの風味を変えることがあり、その品質を損なう原因となります。

□飲めなくなるワインのサインとは?

ワインがもはや飲めない状態になってしまう兆候には、いくつかの明確なサインがあります。
これらのサインを見分けられれば、質の悪化したワインを飲むことを避け、常に最高の状態でワインを楽しめます。

*ワインの状態を示すサイン

1:異常な目減り

ワインボトルの液体が通常よりも顕著に減少している場合、これはワインが長期間適切な条件下で保存されていない可能性があります。
目減りは、ワインが劣化している明確な兆候です。

2:臭いがおかしい

開封前や開封直後にワインから不快な臭いがする場合、ワインが劣化しているか、何らかの汚染が発生している可能性があります。
特にカビ臭い臭いや酸っぱい臭いは警戒が必要です。

3:ブショネ(コルク臭)

コルクが原因でワインに不快な臭いが移っている場合、これをブショネと呼びます。
ワインの本来の風味を損なう重大な問題です。

4:液漏れ

ワインボトルから液体が漏れている場合、これはワインが劣化しているか、保存状態が不適切であったことを示しています。
液漏れは、ワインが飲むに適さない状態にある可能性が高いです。

これらのサインを見極め、適切な状態のワインを選択することで、ワインの楽しみを最大限に引き出せます。

□まとめ

この記事では、未開封のワインを常温で保存する際のベストプラクティスと、その賞味期限について詳しく解説しました。
さらに、ワインを適切に保存するための環境作りの重要性や、ワインが飲めなくなるサインを見極める方法についても触れました。
これらの情報を活用することで、ワイン愛好家は自宅でのワイン保存に関する不安を解消し、ワインの品質を長期間保てます。
ワインを適切に保存し、その最高の状態で楽しむためには、これらのガイドラインを実践することが重要です。

https://mighty-wine.com/SHOP/kppin20210501new.html

-★ワインの楽しみ方★

執筆者:

関連記事

【アジア・オセアニア最優秀ソムリエ】岩田渉さんが行う、スロヴァキアワインオンラインセミナー開催

みなさんこんにちは。 表題の通り、遂にこの企画が通りました。 ソムリエ界で、着々と頭角をあらわし、19年からサントリーワイン・ブランドアンバサダーに就任しております。 詳しくはこちらをご覧下さい↓ ( …

阪神百貨店の人気イベント!阪神大ワイン祭についてご紹介いたします

□阪神大ワイン祭 阪神大ワイン祭とは、毎年春と秋に、阪神百貨店が主催するワインの祭典です。阪神百貨店の各店舗で開催され、世界中のワインが集まり、多くのワイン愛好家や一般の人々に親しまれています。 会場 …

ワインとお肉のマリアージュを深める秘訣をご紹介!

お肉料理を食べる時には美味しいワインと合わせてマリアージュを深めたいものです。 しかし、お肉料理にどのようなワインを選べばいいか分からなくなってしまいます。 ワインとお肉のマリアージュにはその料理の味 …

ワインには賞味期限ってあるの?開封後の保存方法についてもご紹介します!

「ワインには賞味期限があるのだろうか」 「ワインはどのように保管すればよいのだろう」 そのようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。 そこで今回はワインを取り扱う上で知っておきたいポイントをご紹介し …

知っていると様になる!赤ワインの正しい注ぎ方

お店のソムリエやバーテンダーが赤ワインを注ぐ姿は、なんとなく様になっていてかっこよく見えますよね。 それは、正しい注ぎ方を身に付けているからです。 基本的な注ぎ方は、決して難しいものではありません。 …