スロバキアワイン専門店 | マイティワイン 会員登録はこちら

スロバキアワイン専門店|マイティワイン

★スロバキアワインご紹介★

ワインの保管における重要ポイントとは?開栓後のワインの保管方法もご紹介します!

投稿日:2024年5月31日 更新日:

未開封のボトルを適切に保存することは、その品質を保ち、最高の風味で楽しむために欠かせないステップです。
正しいワインの保存方法を知りたいと思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、ワイン保存の基本を理解し、家庭でも簡単にできる保管方法をご紹介します。

□ワイン保存の基本!未開封ボトルを理想的に保管する方法

ワインの品質を長期間保持するには、適切な保存条件が必要です。
未開封のボトルは、特に気をつけるべきポイントがいくつかあります。

未開封ワインを保存する最適な環境は、温度12~15度、湿度70~75%で、温度変化や振動を避け、紫外線が当たらないことが理想です。
家庭でこれを実現するには、暗くて涼しい場所を選ぶことが重要です。

1:ワインセラーの利用

最も理想的なのは、ワインセラーの使用です。
ワインセラーでは、温度や湿度を一定に保て、ワインの状態を最適に保てます。

2:冷蔵庫での保管

ワインセラーがない場合は、冷蔵庫でも代用可能です。
ただし、ドアポケットは避け、振動が少ない野菜室や冷蔵庫の上段を利用しましょう。
ボトルは横にして、コルクが乾燥しないようにしましょう。

3:遮光と匂い移りに注意

光が当たるとワインは劣化しやすくなるため、暗い場所に保管することが望ましいです。
また、強い匂いの食品と一緒に保管すると、匂い移りの恐れがあるため注意が必要です。

これらの点を踏まえ、最適な保存方法を選び、ワインの品質を長く保つことが大切です。

□ワインの保管における3つの重要ポイント

ワインの未開封ボトルを保存する際には、適切な方法を選ぶことが品質維持に不可欠です。
以下では、ワインを最適な状態で保つための重要な3つのポイントを解説します。

1:保存時の温度に気をつける

ワインの保存において最も重要なのは、適切な温度の維持です。
理想的な保管温度は10〜15度とされており、この温度範囲を保つことでワインの成熟プロセスを適切に管理できます。
温度が高すぎるとワインは早く老化してしまい、低すぎると香りや味が抑制されるため、一定の温度を保つことが肝心です。

家庭での理想的な保管場所としては、家の中で最も温度変化の少ない場所、例えば地下室やクローゼットの中が適しています。
もし冷蔵庫を使用する場合、温度が比較的安定している野菜室を利用しましょう。

2:ボトルを裸のままにせず新聞紙で包む

直射日光や家庭内の照明は、ワインの品質を損なう原因となり得ます。
ワインボトルを新聞紙や専用のワインカバーで包むことで、有害な紫外線からワインを守れます。

新聞紙で包んだ後、さらにビニール袋で覆うと、冷蔵庫内の他の食品からの匂い移りも防げます。
この方法は、特に冷蔵庫での短期間の保存に適しています。

3:コルク栓部分にラップをする

ワインボトルのコルクが乾燥すると、空気がボトル内に入りやすくなり、酸化を促進してしまいます。
コルク部分を濡らしたラップで密封することで、乾燥を防ぎ、ワインの鮮度を保てます。

コルクを水で湿らせた後、その上からラップを何重にも巻き付けて空気が入らないようにします。
この小さな手間が、ワインの風味を長持ちさせるための鍵となります。

以上の3つのポイントを守ることで、ワインはその色、香り、味わいを長期にわたって維持できます。
これらの技術を駆使して、いつでも最高の状態でワインを楽しめます。

□開栓後のワインの上手な保存法

ワインを開栓した後は、適切な方法で保存することが非常に重要です。
ここでは、開栓後のワインを酸化から保護し、できるだけその風味を保つためのポイントをご紹介します。

1:栓をしっかりと閉める

開栓後のワインは、なるべく空気に触れさせないようにして保存する必要があります。
抜いたコルクを再びしっかりと挿入するか、市販されているワイン専用の栓を利用しましょう。
コルクにラップを巻いてから挿すことで、さらに空気の侵入を防げます。

2:小さな容器に移す

空気との接触面積を減らすために、小さな容器にワインを移し替えることも有効です。
空気が少ない状態で保存することで、酸化を遅らせられます。

移し替える際は、清潔で乾燥したガラスボトルを使用し、ワインが容器の口まで達するようにしましょう。

3:冷蔵保存する

一度開栓したワインは、冷蔵庫で保存するのが最適です。
低温は酸化を遅らせ、ワインの品質を長持ちさせる効果があります。
開栓後のワインは、赤ワインであっても冷蔵庫での保存をお勧めします。
通常、消費する予定のないワインは開栓後3~5日以内に飲みきることを目安にしてください。

これらの保存方法を適切に行うことで、開栓後のワインもできるだけ新鮮な状態で楽しめます。
美味しいワインを無駄にしないためにも、これらのポイントをぜひ実践してください。

【赤ワイン】
バリック樽で14ヶ月熟成。新樽20%、2回目と3回目の樽を40%ずつ使用し、味わいや香りに奥行きや複雑さを最大限与えた厳選ワイン。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://mighty-wine.com/SHOP/MSR103.html

□まとめ

本記事では、ワインの保存方法に焦点を当て、未開封ボトルの理想的な保管方法から開栓後の適切な保存方法までを解説しました。
ワイン保存の基本を守ることで、いつでも最高の状態でワインを楽しめるでしょう。
未開封の場合は適切な温度、湿度、光の遮断を心がけ、開栓後は空気に触れさせない工夫をすることが重要です。
これらの知識と技術を駆使して、ワインの魅力を最大限に引き出しましょう。

-★スロバキアワインご紹介★

執筆者:

関連記事

新世界と旧世界の違いは?新旧おすすめのワイン原産国をご紹介!

ワインの原産地と言えばフランス、イタリアと思い浮かべる方が多いと思います。 実は、フランスやイタリア以外にも日本と古くから交流があり、親しまれている地域のワインがあります。 よくワインショップで「新世 …

貴腐ワインとは?スロバキアワインに隠された秘密

皆さんはワインを飲みますか? それとも飲まないですか? 個人的にはたまに飲みます!! 皆さんのイメージの中で『ワイン』って高級なイメージないですか? このイメージって何ででしょーね?(笑) 海外ではワ …

自宅で楽しみたい!ホットワインの魅力と温め方

冬の寒さが厳しくなると、心も体も温めてくれるものが恋しくなりますよね。 そんな時、自宅で手軽に楽しめるホットワインはいかがでしょうか。 この記事では、ホットワインの魅力と、自宅で簡単に作れるレシピを紹 …

連載第6弾!!【スロバキアワイナリー・ワイン紹介】/スロバキアワインで最高の受賞歴数

ヴィーニョ・ニトラ【Vino Nitra】 ニトラ地方最大のワイナリー ヴィーニョ・ニトラはニトラ地方最大のワイナリーで、自社栽培のブドウ畑をニトラ地方の他に、小カルパチア地方、南スロバキア地方にも所 …

【どんなワイン適正温度で飲めば味が変わる…それがこちらに】

皆さんこんばんは!! mighty-wineの谷岡です。 本日も連続投函です!! 先ほどのワイナリー紹介の記事ご覧頂けましたでしょうか? まだの方はこちらをご覧下さい!! 【スロバキアワインを飲む前に …